スタッフ

汰木 健吾

関西の大学を卒業後、2013年ロート製薬(株)に入社。約5年間東京で営業を担ったのちに、2018年から人事総務部で採用・研修を行う。また、複業で2018年6月に浦幌町の若手経営者と東京の仲間と共に、林業を次世代に繋ぐ会社(株)BATON PLUSを設立。その後、樂舎の「新たな協働のカタチ」に共感し、世の中に広めていきたいと思い、現在はロート製薬(株)を卒業し、十勝うらほろ樂舎へ。現在は、スポーツを軸としたまちづくりの「URAHORO SPORTS PROJECT」と次世代の若手リーダー育成の「アウトターン」のプロジェクトを推進する。

「わくわくを未来へつなぐ」 そのために自分は何ができるのか?を常に考え、飛び込んでいきます!

浅野 佳奈(東武トップツアーズ株式会社から出向)

1994年生まれ。2017年東武トップツアーズ(株)へ入社。地元茨城県の水戸支店にて旅行業に従事。学校と企業、官公庁への営業の傍ら、添乗業務で各地を飛び回る4年間を過ごす。何か新しいことがしたいと思っていたタイミングで出向が決まり、2021年から樂舎へ出向。現在は町外中高生向け修学旅行プログラムの開発運営に取組む。

将来的にたくさんの中高生が来町し、町に新たなにぎわいや交流が生まれる事を目指しています。

小倉 理記也

2000年北海道浦幌町生まれ。中学校まで浦幌で育ち隣町の本別高等学校へ進学。町の高校が閉校してしまっても町のために何かできないかと思い浦幌部を設立。浦幌部では祭りの出店などを行い町にいなくても地域×高校生といった枠組みを大切にする。卒業後、医療専門学校へ進学し外傷などの事故に対する資格を取得。卒業後は2022年4月より「十勝うらほろ樂舎」へ入社。

趣味はサバゲー、アメフト、ドライブ。力仕事はお任せを!教育と医療を樂舎でも充実させ全世代に豊かな町暮らしをしていただくために挑戦していきます!

小松 輝(株式会社リペリエンス)

浦幌町で観光事業に取り組んでいます。都会と浦幌がつながりワクワクする観光事業づくりに向けて頑張ります!

森 健太(株式会社ciokay)

2016年4月より、浦幌町地域おこし協力隊として、「うらほろスタイル」若者のしごと創造事業を担当。2020年から、一般社団法人十勝うらほろ樂舎ふるさと納税担当。

続 麻知子

1998年札幌生まれ。国語科教員を目指し、筑波大学日本語・日本文化学類に入学。大学では国内・海外問わず様々な地域に赴き、その地域の歴史や暮らし、人々の関係性を調査することで、自身の環境を振り返る機会となった。大学卒業後、浦幌町地域おこし協力隊に就任し、十勝うらほろ樂舎ヤングフェローとして浦幌町に関わる子どもたちや若者と共に「たくましく生き抜く力」を身につけ、次世代を主体とした地域づくりを目指している。

浦幌町に来て、町の方々の生の声から学ぶことがとても多いです!一緒に悩み考えながら地域づくりに関わっていきたいと思っています!

山内 一成

1978年三重県生まれ。大学在学中に東京の人材開発ベンチャーが企画した「北海道農業インターン」の立ち上げに携わり、十勝とのご縁が始まる。ベンチャーや大企業にて人材育成やブランド推進などに従事後、2016年TASUKIを起業し十勝へ移住。「次世代にタスキをつなぐ」をミッションに、十勝の農家・企業と全国の大学生をつなげ双方を育む各種インターン等の企画運営コーディネートを軸にした事業展開を行う。2021年よりミッションが重なる「十勝うらほろ樂舎」にJOIN。

次世代につなぐモデルを十勝浦幌から世界へ広げるべくチャレンジしています!

佐々木 すみれ

1998年仙台生まれ。育ちは札幌。2021年3月、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学を卒業。学生の半分が国際生で構成されるグローバルな環境で4年間を過ごす中で、新たな価値観に出会う楽しさを知り、英語は間違った英文を話す度胸だけがついた。 新卒で浦幌町の地域おこし協力隊となり、樂舎では主に広報とワークキャンプを担当している。

文章を書くのがとても好きなので、浦幌で生きる力を育みながら将来はどこでも生きていける逞しいライターになりたいです。

宮寺 由佳

東京生まれ。大学卒業後に(株)オリエンタルランドに入社し、アトラクションやイベント等のコンテンツ開発、コピーライティング、インナーブランディングに携わる。旅行で訪れた十勝に魅了され、2018年より大人が学ぶコミュニティ「十勝さらべつ熱中小学校(現:とかち熱中小学校)」に東京から通い始める。そこで出会った人々の温かさや十勝ならではの体験・学びを通して、十勝と東京をつなぐ役割を担いたいと思うようになり、2021年に22年間勤めた同社を退職。5月より十勝うらほろ樂舎の広報を担当。

地域づくりの活動やそこに関わる人々の思いをより魅力的に伝えるために何ができるか、日々考えています。

越膳 慧太

静岡県出身、北海道教育大学釧路校に進学。地域とともにある学校という視点で教育を学ぶ。授業を通して出会った浦幌町に飛び込むことが、自分の想いを形にするために必要な経験だと考え、大学卒業後、地域おこし協力隊として十勝うらほろ樂舎に勤める。現在はワークキャンプ事業と高校から感じていたスポーツを入り口に子どもたちの未来をよりよくするためのスポーツプロジェクトにチャレンジ中。

伊場 遥

2002年浦幌生まれ、浦幌育ちの道産子。2020年4月に北海道網走市にある東京農業大学オホーツクキャンパスに入学するも、コロナ禍ということもあり、授業や人間関係がうまく構築できず中退することを決意した時に、十勝うらほろ樂舎を知り入社した。主に広報とふるさと納税を担当。   

イラストやデザインが好きなので、そのスキルを活かしながら、仕事の質を高められるよう日々勉強しています。  

古賀 詠風

1996年北海道遠軽町生まれ。北海道大学教育学部で地域での教育や社会教育を学ぶ傍ら、「カタリバ」という対話的活動で高校生への授業運営と大学生への研修を担当。在学中、浦幌町の次世代を想う姿勢に惚れ、大学卒業後の2019 年より浦幌町地域おこし協力隊として移住。町の中高生が行う地域を舞台とした活動団体「浦幌部」のサポートや社会教育の場づくりなどを行う。3年の任期を終え、事業を連携して行っていた「十勝うらほろ樂舎」に2022年4月より入社。

関わる中高生や若者たち次世代とともにチャレンジをしていきたいです! 

タイトルとURLをコピーしました