私たちについて

私たちについて

一般社団法人十勝うらほろ樂舎は「持続可能な地域づくり」に必要な課題の解決や事業の創出を行っていく組織です。これまで地域を牽引してこられた組織団体と協働しながら、さらに都市在住の社会人や企業等と連携する「新たな協働のカタチ」を軸としながら、関わりを持つ者同士が学びあい、次世代に繋ぐ社会づくり(SDGs)に貢献してまいります。

代表メッセージ

ぼくたちが目指したい「持続可能な社会」は「次世代につながる」をコンセプトにした「次世代が引き受けてよかった!」と思ってもらえるような社会です。今の時代を懸命に生きるぼくら大人たちが享受する豊かさだけを考えるのではなく、子どもや若者につなぐ10年、20年後をイメージした豊かな社会を創っていきたいと思います。

「北海道・十勝・うらほろ」から、そんな理想的な「持続可能なまちづくり」を行っていくためには、「新しい協働カタチ」が必要だと考えました。すでに浦幌町では、次世代につなぐまちづくりとして「うらほろスタイル」という町独自の学校と地域と行政が協働した未来づくりを行ってきており、大きな成果を上げています。その基盤の上に築きあげるより理想的な「持続可能なまちづくり」を目指すためには、更なる地域内の組織や団体との協働が不可欠ですし、地域に暮らす人だけでは辿り着けない課題の解決に向けて、浦幌町を第二のふるさとと思い寄せてくれる地域外の方々や企業との新たな関係構築からの協働のアプローチが鍵だと感じています。

持続可能なまちづくりを行うのは、けして容易なことではありません。人口減少、高齢化、産業の衰退など地域が抱える問題・課題も複雑であり、課題解決は、非常に困難な道のりだと感じています。しかし、子どもや若者につなぐ10年、20年後をイメージした中で、未来を生きる次世代が「引き受けてよかった!」と思ってもらえるような社会を目指し、活動することは、ワクワクでしかありません。

ぜひ未来を想い、ワクワクしながら、持続可能な社会をここ浦幌町から、ぼくらと一緒に創って行きませんか?

代表理事 近江正隆

タイトルとURLをコピーしました